【PayMax(ペイマックス)】ラオス最大手の銀行 JDB銀行と連動するオンラインサービス

ラオス最大手の銀行 JDB銀行と連動するオンラインサービスPayMax(ペイマックス)とは?口座開設費用500USDで日本国内から簡単に口座開設可能!?

ビットコインで利益が出た場合の税金対策!納税額はどのように決まるのか?

PayMax(ペイマックス)はオススメ!

それはなぜか、

・【最大約30%】圧倒的な節税効果!
・日本国内にいながら口座開設が可能!
・1日200万円までコンビニのATMで引出し可能!
・【発行まで最短2週間】銀行発行の唯一の仮想通貨VISAデビットカード

このような点があげられるからです。

実際に作ってみたのですが、セ〇ン銀行で出金ができたので安心です♪

口座開設について質問などありましたらお気軽にLINE追加して下さい♪



友だち追加

PayMax(ペイマックス)とは

日本国内にいながら口座開設を行うことができるJDB銀行はラオス国内で唯一、オンラインバンキングやアプリの提供行うインターナショナルバンクです。
また、口座開設を行うことで、ショッピングへの利用や各国のATMで出金できるVISAデビットカードの発行や、年利9.5%と高金利の定期預金など、魅力的なサービスを利用することができます。
JDB銀行と連動し、資産管理やVISAデビットカードへのビットコインのチャージを簡潔に行うことができるオンラインサービス PayMax(ペイマックス)をご紹介します。

PayMax(ペイマックス)とは、
ブロックチェーンと銀行口座に紐付いた
デビットカードを融合したグローバルなウォレットサービスです。

仮想通貨はビットコイン、法定通貨は円やドルなど、
様々な通貨の送金や受取が可能です。


ショッピングや知人への送金はもちろん、ATMを使った現金引き出し時の
手数料も安いため、 仮想通貨取引時の所得税と比べると大きな節税効果が期待できます。

PayMax(ペイマックス)ではどんなことができるの?

JDB銀行ってどんなところ?

JDB銀行はラオス国内銀行の最大手であり、ラオスで唯一オンラインバンキング、iOS、Android対応アプリの提供を行うなど、国内のインターナショナルバンクとしてラオスの金融機関を牽引している銀行です。

口座開設費用は500USD+口座デポジット費用の300USD で行うことができ、ドル建て定期預金の年利は最大9.5% と日本の銀行と比べると好条件で資産形成を行えます。

JDB銀行口座開設のメリット

■日本国内外のVISA提携店舗にて利用可能なデビットカードの発行

■仮想通貨によるチャージ(入金)対応

■VISAデビットカードで世界各地のATMでの現金の出金が可能

■高利率の定期預金が可能

■外貨による資産形成が可能

■高利率の配当(年利%)を得られる

■外貨建ての資産を保有する

■日本国内にいながら口座開設可能

■口座開設費用が安い(500USD+口座デポジット300USD)

PayMax(ペイマックス)特徴は?

【よくある仮想通貨出金サービスの違い】

最近「仮想通貨を出金できるデビットカード」と謳いながらも実態はデビットカードではなく「プリペイドカード」で、カードが届いたのに使用ができなくなるという被害が増えています。
PayMaxカードは、銀行が発行する”本物のデビットカード”のため安心です。
また、ウォレットの中身を全てPayMaxに移行する必要はなく、出金する際に必要な分だけ移行することでリスクを最小限にすることができます。

【仮想通貨を現金で出金する場合】

PayMax(ペイマックス)の魅力

大幅な節税ができる

ラオスは日本との間に租税条約を締結していないため、PayMaxを活用することで大幅な節税をすることができます。

唯一の銀行発行デビットカードである

銀行が発行するデビットカードとしてはPayMaxカードが唯一のものです。(2020年12月現在)
JDB銀行の普通預金口座に紐付く通常のデビットカードのため、プリペイドカード使用時のようなリスクがありません。

カード発行手数料がたったの500ドル

日本国内にいながらカードが発行でき、カード発行手数料もたったの500ドル
内300ドルはデポジットのため、カードが届き次第すぐに出金することもできます。(一年後に残高が100ドル以下の場合、自動的に口座解約)

ビットコインで賢く30%節税する裏ワザとは?

仮想通貨において税金がかかるポイントは「出金する時」となるわけですが、普通に銀行の口座に移す方法ですと、日本の法律によって最大45%の所得税(扱いは「雑所得」)が発生してしまいます。

銀行の口座以外の方法ですと、例えばプリペイとカードに移して出金しようと考える人がいるかもしれません。

しかし、仮想通貨をプリペイとカードにチャージして出金してしまうと、日本においては資金決済法に抵触してしまうことになるので、「違法」となってしまいます。

この所得税を何とかできれば大きな節税になるのですが、実は「ある方法」を使えば銀行口座以外でかつ合法に出金することができるのです!

ビットコイン節税の救世主、それはPayMax(ペイマックス)!

仮想通貨であるビットコインや、法定通貨である円やドルなど様々な通貨の送金や受取が可能となっているのです!

ショッピングで使ったり、ATMで現金を引き出したりする際の手数料が非常に安くなっているので、実は「仮想通貨取引時の所得税と比べると有力な節税になる」のです!

銀行口座から引き出すのではなく、あくまでPayMaxウォレットに紐づくデビットカードで出金するため、手数料は全て合計しても16%程度に収まることになります。

銀行口座に移して出金すると最大45%の所得税がかかることを考慮すると、なんと約30%の節税対策になるわけです!

PayMax(ペイマックス)実用例

PayMaxデビットカード店舗使用例

稼いだ報酬をデビットカードで引き出すことも可能!

口座開設について質問などありましたらお気軽にLINE追加して下さい♪



友だち追加

おすすめの記事